悪質金融業者の手口

悪質金融業者の手口

闇金融と言えるのか微妙なラインですが、悪質な業者の手口をお教えします。

 

悪質な金融業者

 

システム金融

システム金融というのは、商工業者に即日融資が可能ですとダイレクトメールや電話、ファックスなどで勧誘してきます。その後、担保代わりに小切手や手形で資金を融資して、手形や小切手の期日には厳しく取り立てします。
それと同時に他の金融(実は最初の金融業者と仲間)から融資の案内が届き借り換えを勧誘します。その繰り返しで次々の仲間の他の金融業者が融資の勧誘に来ます。結局、高金利の借入が大きくなり商工業者は倒産に追い込まれるということです。

 

チケット金融

チケット(換金率の高いもの、高速道路の回数券など)を代金後払いで販売して、チケットを金券ショップなどに持ち込み現金化させる。業者は一週間具にチケットの販売金額を返済させる。現金化した受け取り金額と返済金額を利息に置き換えると、かなりの高金利になっているとう仕掛けです。

 

家具リース金融

借入する人の家具一式を買い取る売買契約を結んで、その代金を業者が渡します。その後、業者が家財道具すべてを借入した人にリースする契約を結んで家具は家にそのままでリース料として法外な利息をとります。
車ローンも同じ手口です。

 

買取屋

借入する人に融資をする代わりに、クレジットカードで商品を大量に買わせて、それを安い金額で買い取る。もしくは更に高金利で融資する。借入した人は業者への借金とクレジットカードの借金が両方残ってしまう。

 

 

金融詐欺

 

名義貸し

消費者金融会社の調査などと、アルバイトを募集して消費者金融に申し込みをさせてお金を借りさせる。アルバイト料は支払い、返済は会社の方でとカード(暗証番号)と金銭をだまし取る。返済をしている間は被害に気付けないです。

 

架空請求

クレジット会社から債権を譲り受けたと騙し、貸した金を返せと言ってくる。また、使っていないアダルトサイトの使用料を払えという業者もいます。

 

もろに詐欺

融資の約束をした後、保証料の名目で、手形や小切手、現金を払わせたりしてそのまま逃げる。
融資前に返済の信用、実績を見せて欲しいと先にお金を振り込ませて逃げるなど。

 

悪質業者には

闇金融とは言えないものも入っていますが、財務省、都道府県に登録されていない業者は闇金融ですし、法律で決められている以上の高金利なども訴えることが出来ます。しかし、民事はややこしいので、こういう感じのことを業者が言ってきたら契約しないで断りましょう。裁判しても完全に勝てるかは微妙ですし、逃げられたらどうしようもないです。

 

悪質金融業者 手口ブラックで即日融資は可能?のTOPページに戻る